東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

22年の仏大統領選 ルペン氏出馬表明

ルペン党首=ゲッティ・共同

写真

 【パリ=共同】フランスの極右政党、国民連合(RN)のマリーヌ・ルペン党首は十六日、二〇二二年の次期大統領選に出馬する意向を表明した。

 報道関係者との新年互礼会で、二一年の党大会で承認される必要があると前置きした上で「じっくり考え、決心はついた。とても早いが、大統領選の準備をする意思を発表する」と述べた。

 ルペン氏は一二年の大統領選では第一回投票で敗退したが、一七年の前回は第一回投票で二位となり、決選投票で現大統領のマクロン氏に敗れた。次回も決選投票で同じ顔合わせになる可能性が指摘されている。

 一八年に党名を国民戦線(FN)から改称したRNは一九年の欧州連合(EU)欧州議会選で前回に続き国内第一党になるなど一定の勢いを維持している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報