東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

新型肺炎が拡大 中国で患者218人 死者3人、韓国でも感染

 【北京=中沢穣】中国で新型コロナウイルスによる肺炎の確認数が先週末から再び増加を始めた。新華社によると、最初に確認された湖北省武漢市以外にも拡大し、患者は計二百十八人となった。延べ三十億人の中国人が移動する春節(旧正月)休暇を前に、中国の国内外で感染拡大への不安が広がっている。

 武漢市の発表によると、十八日以降に新たに確認された感染は百三十六人にのぼり、感染者は計百九十八人。死者は一人増えて三人となった。さらに広東省で十四人、北京市で五人、上海市で一人の感染が確認された。四川省や雲南省、山東省などでも感染の疑いのある事例が出ている。

 早期封じ込めが難しくなる状況に中国政府は危機感を見せており、習近平(しゅうきんぺい)国家主席は二十日夜に拡大阻止に全力を挙げるように指示を出した。一方、国家衛生健康委員会は十九日の声明で「予防と抑制は可能だ」との見解を示した。

 感染源はなお不明。感染は武漢市の海鮮市場関係者が大部分を占める一方、自身は市場を訪れたことのない市場関係者の家族の感染も確認された。同市当局は今月一日から市場を閉鎖し三日以降は新たな感染が公表されていなかったが、週末から一気に増加に転じた。国営中央テレビによると、中国の感染症研究の第一人者、鍾南山氏は「人から人に感染していることは間違いない」と話している。

 中国では二十四日からの春節(旧正月)休暇前にすでに帰省が始まっている。中国などで多数の死者が出た重症急性呼吸器症候群(SARS)は、〇三年の春節を機に感染が急拡大したため、今回も同様の事態が不安視される。

 これまで判明しているタイや日本のほか、二十日には韓国でも感染者が確認された。実際には感染がさらに広がっているとの懸念も出ているが、外務省の耿爽(こうそう)副報道局長は二十日の定例記者会見で「中国は速やかに情報を公開している」と訴えた。共産党機関紙、人民日報系の環球時報は二十日の社説で、SARSの際は「公表遅れや隠蔽(いんぺい)があった。二度と繰り返してはならない」と主張した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報