東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

終末時計 最短の「100秒」 核や温暖化 脅威深刻

 【ワシントン=共同】米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は二十三日、核戦争発生の危険性などを評価し、地球最後の日までの残り時間を概念的に示す「終末時計」の最新時刻を「百秒」と発表した。一九四七年の創設以来、過去最短となった。

 核と地球温暖化の脅威が深刻になっているのが主な原因。二〇一八年と一九年はいずれも「二分」で、米国と旧ソ連が冷戦下で水爆開発を過熱させた一九五三年と並び、これまで過去最短だったが、世界はさらに危機的になっていると警鐘を鳴らした。

 時刻の判定に参加した潘基文(バンキムン)・前国連事務総長は米首都ワシントンでの記者会見で「世界の指導者は危機を否定したり無視したりせず、集中して対処するべきだ」と指摘。イラン核合意や温暖化対策の枠組み「パリ協定」といった多国間の協調を軽んじるトランプ米政権の姿勢などに懸念を示した。

 終末時計の時刻は、ノーベル賞受賞者ら専門家が過去一年の世界情勢に基づき決定している。

 この一年は米国との間で緊張を高めるイランが、核合意を逸脱してウラン濃縮を進めた上、北朝鮮の核問題も未解決だと指摘。米国とロシアが、昨年失効した中距離核戦力(INF)廃棄条約の復活や、来年期限が切れる新戦略兵器削減条約(新START)の延長を交渉することが状況の改善につながるとした。

 温暖化については、危機感を訴える若者の活動が活発になる一方、温室効果ガス排出を減らすための各国の具体的な行動が足りないと批判した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報