東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

象も喜び?街駆け回る 暖冬ロシア 久々の雪に興奮し逃走か

エカテリンブルクの公道で23日、雪遊びをした後、サーカスへ戻る象=インスタグラムから

写真

 【モスクワ=小柳悠志】ロシア中部のエカテリンブルクで二十三日、サーカスの象二頭が公道に逃げ出し、路面電車や車の通行を妨げた。記録的暖冬が続く中、久しぶりの積雪で象が興奮したためではないかと、一部メディアは伝えている。

 大手紙イズベスチヤによると、象が係員の制止を振り切って公道に出たのは、興行のため運搬車に乗せられる直前。サーカスの広報担当者は、象が雪景色を見て喜び、道で雪浴びを始めたと説明している。警察も出動する騒ぎになったが、十分後に象は係員の指示に従い戻った。

 同市では一月に入っても氷点下にならない日があり、例年より気温が十度以上高い。二十一日に久しぶりの降雪があったが、現地では前例のない暖冬と報じられている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報