東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

日本人初、パリで三つ星 独創フレンチ・小林圭さん

 【パリ=共同】フランスの二〇二〇年版のミシュランガイドが二十七日、発表され、長野県諏訪市出身の小林圭さん(42)がオーナーシェフのパリのレストラン「ケイ」が三つ星を獲得した。フランス料理界の名シェフらが名を連ねてきたミシュランの三つ星を日本人が獲得するのは初めて。

 小林さんは日本の食材も駆使した独創的なフランス料理で知られ、ミシュランは「風味の真の名人」と称賛し「正確で綿密、美を追求している」と評価した。

 発表のイベントで小林さんは「大変びっくりした。外国人である日本人シェフを多く受け入れてくれているフランスに感謝したい」と喜びを語った。

 小林さんは長野県や東京都でフランス料理の修業を積んだ後、一九九九年に渡仏。各地のレストランで働きながら学び、パリでは有名シェフ、アラン・デュカス氏の三つ星レストランで副料理長を務めた。

 二〇一一年にパリ中心部に開店したケイは翌一二年に早くも一つ星を獲得。一七年に二つ星に昇格した。

 また日本人では、福岡県出身の田中一行(かずゆき)さんが北東部ランスで営むレストラン「ラシーヌ」と、パリにある有名シェフ、ヤニック・アレノさんと東京都出身の岡崎泰也(やすなり)さんのすしバー「ラビス」がそれぞれ新たに二つ星を獲得した。

 今年のミシュランガイドは、名シェフ、故ポール・ボキューズ氏が南部リヨン近郊に開いたレストランについて、一九六五年から維持してきた三つ星を二つ星に格下げしたと事前に報じられ、話題を呼んでいた。

<ミシュランガイド> 世界的なタイヤメーカー、フランスのミシュラン社が1900年に自動車旅行の手引として刊行を始めたレストランやホテルのガイドブック。26年から星による格付けを行い、匿名調査で毎年見直している。最高の三つ星は「旅行してでも食べに行く価値がある卓越した料理」と定義される。フランスの2020年版で三つ星を獲得したレストランは29。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報