東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

新型肺炎 WHO「危険高い」に訂正 報告記載ミスと発表

 【ジュネーブ=共同】WHOは新型コロナウイルスによる肺炎に関する二十六日付の状況報告で、地域別の危険性の評価について、世界的には「並」としてきた表記が間違っていたとして「高い」に訂正した。当初から「高い」と判断していたが、報告に記載ミスをしたと明らかにした。

 WHOは二十一日から感染者数をまとめた状況報告を連日発表しており、二十三日付からは新型肺炎の危険性について「中国では非常に高く、(中国周辺の)地域では高く、世界的には並」としてきた。

 二十六日付の状況報告では、この危険性評価について、間違ったまとめが掲載されてしまっており「世界的に高い」が正しいと訂正。危険性評価は、最新のものが二十二日に実施され、その時点で「世界的に高い」との結論が出ており、評価が変化したわけではないという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報