東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北、ロシア産馬12頭輸入 故正日氏以来 ぜいたく品に当たらず

 【モスクワ=小柳悠志】ロシアが二〇一九年、北朝鮮に馬十二頭を七万五千ドル(約八百二十万円)で輸出したことが、ロシア貿易統計から分かった。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長らが乗るための馬とみられる。

 馬は、国連制裁で禁輸対象となっているぜいたく品にはあたらないという。

 北朝鮮情勢に詳しい極東連邦大学地方・国際研究校のアルチョム・ルーキン副校長によると、輸出されたのはシベリアのアルタイ地方で飼育された馬で、見た目の美しさと温厚な性格が評価されたとみられる。

 ロシアのプーチン大統領が〇三年、アルタイ産の馬を故金正日(キムジョンイル)総書記に贈呈し、それ以来、北朝鮮ではロシア産馬の人気が高まっているという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報