東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米韓軍事演習を延期 今春 新型肺炎拡大受け合意

 【ソウル=境田未緒】韓国軍合同参謀本部は二十七日、新型コロナウイルス感染の急拡大を受けて、春に計画していた米韓合同軍事演習を延期すると発表した。感染拡大の阻止と兵士らの安全を考慮し、韓国軍側が演習の延期を提案し、米軍側が合意したという。

 同本部は、延期の決定は韓国政府が感染症に関する危機レベルを最高の「深刻」に引き上げたことを受けたもので、「韓米同盟は依然として堅固であり、演習延期の決定は軽く下したわけではない」としている。

 新型コロナウイルスでは、韓国軍や在韓米軍内でも兵士や家族らに感染者が出ている。米韓合同軍事演習は北朝鮮への対応を念頭に毎春行われており、北朝鮮側は強く反発、非核化を巡る米朝交渉の中でも中止を求めていた。

◆韓国感染1595人に

 韓国政府は同日、感染者が新たに三百三十四人確認され、計千五百九十五人になったと明らかにした。感染者一人の死亡も確認、死者は計十三人となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報