東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

<新型コロナ>英女王 テレビ演説で鼓舞 「国民が団結すれば克服できる」

5日、ロンドン郊外で、テレビを通じて国民に演説するエリザベス英女王=AP

写真

 【ロンドン=藤沢有哉】新型コロナウイルスの拡散を受け、英国のエリザベス女王(93)が五日夜、テレビを通じて演説した。女王は「国民が団結して固い決意を持てば、新型コロナを克服できる」と強調。「後世の人は私たちのことを、どの世代よりも強かったと言うだろう」と訴えた。

 演説は約四分間。外出制限を受けている国民の状況から、女王は第二次大戦中に、疎開で親と会えない子ども向けに演説を行ったことを思い出したと吐露。「今再び、大勢が愛する人と会えない痛みを感じている」と語りつつ、「まだ我慢が必要だろうが、良き日は戻る。友達や家族とまた一緒に過ごせる」と国民を鼓舞した。

 女王はクリスマスに合わせて演説を行うのが恒例。英BBC放送によると、在位六十八年で異例の演説は五回目で、故ダイアナ元妃の葬儀時でも行った。

 今回はロンドン郊外のウィンザー城で収録され、撮影者が防護服を着用して感染予防策を取った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報