14歳で強制不妊手術の原告「国は間違ったのに、なぜこんなにつらい判決に」

2020年7月1日 05時50分
前の写真

1 / 1

次の写真
旧優生保護法を巡る訴訟で請求が棄却され、記者会見する原告の北三郎さん(仮名、手前)=30日、東京・霞が関の司法記者クラブで

旧優生保護法を巡る訴訟で請求が棄却され、記者会見する原告の北三郎さん(仮名、手前)=30日、東京・霞が関の司法記者クラブで


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧