東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞 映画試写会のお知らせ > 映画試写会『武蔵―むさしー』

ここから本文

【映画試写会】

© 2019 三上康雄事務所

東京特別映画試写会

『武蔵―むさしー』
5月25日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次公開

(配給:アークエンタテインメント)

☆50組100名様ご招待


[日時]2019年5月10日(金)18時15分開映(18時00分開場) 上映120分

[場所]神楽座(千代田区富士見  最寄:東京メトロ各線・JR飯田橋駅)


<イントロダクション>

史実に基づき「本物の武蔵」と武蔵に関わる人物たちを描く。

佐々木小次郎との巌流島の決闘にいたるまでのすべての 武蔵の戦いと、

それぞれの人物の生きざまと正義が複層するストーリー。

監督は、海外12カ国でも絶賛された「蠢動−しゅんどう−」の三上康雄。

オールロケによる徹底したリアルな映像の本格正統時代劇映画。


<ストーリー>

幼き頃、父に徹底的に鍛えられた武蔵。二十一歳、剣術の名門、吉岡家に挑むため、京に来た。

当主、吉岡清十郎との試合のつもりが、弟の伝七郎、

そして、一門数十名との一乗寺下がり松での決闘と熾烈な戦いを繰りひろげることになる。

その頃、細川家の重臣、沢村大学は、京の愛宕山で佐々木小次郎と出会う。

武蔵は鎖鎌の宍戸、槍の道栄とも戦う。

そして、ついには、細川家の剣術指南となった小次郎と雌雄を決することとなる。


応募要項

応募は締め切りました