生誕100年 朝倉摂展

4月16日(土) ~ 6月12日(日)

会場:神奈川県立近代美術館 葉山

朝倉摂《更紗の部屋》練馬区立美術館

朝倉摂《更紗の部屋》練馬区立美術館

 画家・舞台美術家として活躍した朝倉摂(1922-2014)の全貌に迫る展覧会です。
 彫刻家・朝倉文夫(1883-1964)の長女として東京・谷中に生まれた朝倉摂は、父の方針により独自の家庭教育を受けて育ち、17歳のときから伊東深水に学び、日本画家としてスタートを切りました。妹の朝倉響子(1925-2016)は父と同じ彫刻の道に進んでいます。朝倉摂の戦前・戦中の作風は、農作業に勤しむ銃後の女性像をモダンな感覚で描き出した、人物表現において清新な才能を感じさせるものでした。
 戦後、創造美術を経て新制作協会日本画部に所属する中で、ピカソに感化されたキュビスム的な作風へと展開を見せます。日本画の在り方に対する問題意識にとどまらず、朝倉の視点は、日本が直面する社会的問題にも広がっていきました。そして、佐藤忠良や中谷泰といった仲間の作家たちと地方の漁村や炭鉱などを訪れ、労働者の生活に取材した社会派の作品を発表しました。《働く人》により1953年に上村松園賞を受賞しています。60年安保闘争の挫折感は、朝倉を絵画から遠ざける一因になったと思われ、その後、朝倉は舞台美術の世界に新しい可能性を見出していきます。
 生前、作家の意向から、画家時代の作品が公開されることは、一部の作品を除きほとんどありませんでした。作家の没後、アトリエに残された作品の多くが各地の美術館に寄贈されることとなり、戦前・戦中・戦後をつなぐ朝倉の足跡が見えてきました。本展では、資料調査にも力を入れ、これまで知られていなかった朝倉の創作活動の全貌に迫るとともに、日本の戦中・戦後美術の新しい側面を見出します。絵画作品に加え、代表的な舞台美術の下絵、挿絵、絵本の原画など計150点程度を出品します。

[→詳細はこちら]

日時

4月16日(土) ~ 6月12日(日)

◆巡回予定◆
練馬区立美術館 2022年6月26日(日)~8月14日(日)

会場 神奈川県立近代美術館 葉山
神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1