東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > イベント情報 > 美術 一覧

ここから本文

【イベント情報】

美術美術

2020年2月1日(土)〜3月22日(日) 
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月15日(日)までの休催を予定しておりましたが、このたびの 政府の自粛延長要請により22日まで休館日を延長することが決定。これに伴い本展は閉幕となりました。
神奈川県立近代美術館 鎌倉別館
20歳で世を去った画家、関根正二(1899〜1919)。たった数年の短い画業ながら、その絵は鮮烈な色彩と幻想性に彩られ、「関根のヴァーミリオン」と呼ばれた鮮やかな朱色は、今なお人々を魅了する。生誕120年/没後100年を記念し、貴重な作品で紹介する過去最大級の回顧展。[→詳細はこちら]
 
2020年3月14日(土)〜5月10日(日)
板橋区立美術館
東京藝術大学で学び教鞭をとってきた彫刻家・深井隆の1990年代から現在までの木彫作品を一挙に紹介する展覧会。馬や翼、家などのモチーフを用いた木彫彫刻を作家自らが配置し、ダイナミックな展示空間が広がる。[→詳細はこちら]
 
2020年4月11日(土)〜6月23日(火)
パナソニック汐留美術館
20世紀フランスの画家ジョルジュ・ルオーと日本の知られざるつながりを、初出品を含む絵画・資料や、日本の作家らの作品を通して再検証する。[→詳細はこちら]
 
2020年4月14日(火)〜6月28日(日)
※会期変更
町田市立国際版画美術館
町田市をモチーフに版画を制作したインドネシア人作家や、同市に在住歴のある赤瀬川源平、若林奮らの作品、資料を展示。[→詳細はこちら]
 
会期・会場(予定)
2020年4月25日(土)〜6月21日(日)=九州国立博物館
2020年7月4日(土)〜9月6日(日)=北海道立近代美術館
2020年9月19日(土)〜12月6日(日)=愛知県美術館
2020年12月19日(土)〜2021年3月31日(水)=静岡市美術館
2021年4月16日(金)〜6月27日(日)=Bunkamura ザ・ミュージアム
2021年7月9日(金)〜9月5日(日)=仙台市博物館
2021年9月中旬〜11月上旬=山口県立美術館
2021年11月下旬〜2022年2月下旬=兵庫県立美術館
東京新聞の記事[→記事はこちら]
オランダのライデン国立古代博物館所蔵の古代エジプト・コレクションから、人のミイラ5体、動物のミイラ8体や10数点の棺などを含む厳選された約250点を展示する。本展では、古代エジプト人の生活や社会、死生観といったさまざまな文明の側面を紹介する。さらに、最新の科学技術を通して医学的な知識やミイラ作りの過程、色やかたちに対する人びとの美意識といったこれまでに知られていなかった面を解き明かす。[→詳細はこちら]