学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2011年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]前年王者・常磐が涙

野上少年野球クラブ−常磐軟式野球スポーツ少年団 7回裏常磐2死一、二塁小山選手の中前適時打で生還する井上選手=府中市民球場で

写真

 高円宮賜杯第31回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(全日本軟式野球連盟、東京新聞など主催、東京中日スポーツ後援)2日目は十一日、神宮球場などで2回戦16試合を行った。

 この日登場した前年優勝の常磐軟式野球スポーツ少年団(福島)は野上少年野球クラブ(和歌山)に1−4で敗戦。関東勢は栃木代表の本町学童が敗れたものの、この日登場のエンジェルス(埼玉)、茎崎ファイターズ(茨城)が初戦を突破したほか、並木ペイシェンス(千葉)、河口湖船津(山梨)も昨日に続く快勝で16強入りを決めた。

 十二日には駒沢球場と大田スタジアムで3回戦8試合が行われ、大会8強が決まる。

(東京新聞)

 

この記事を印刷する