学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2011年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[茨城]茎崎ベスト8進出

写真

 第31回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催、東京中日スポーツ後援)は十二日、東京・大田スタジアムなどで3回戦があり、本県代表の茎崎ファイターズは瑞穂チャニーズ(兵庫)を2−0で下し、ベスト8進出を決めた。

 茎崎は五回1死二、三塁で池田舜投手がスクイズを決めて1点先制。六回1死三塁で高橋樹外野手が遊撃内野安打を放ち1点を加えた。先発の池田投手は6イニングを2安打無失点と好投し、最後は吉田将伍主将が1イニングを3人で締めた。

 吉田祐司監督は「まだ半分もうちの野球は出せていない。一戦必勝で優勝を目指したい」と初の全日本学童制覇に意欲をみせた。吉田主将は「ベスト8に入れてうれしい」と声を弾ませた。

(東京新聞・茨城版)

 

この記事を印刷する