学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2011年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]茎崎などがベスト8に

茎崎ファイターズ−瑞穂チャニーズ 6回表茎崎ファイターズ1死三塁、高橋選手の内野安打で三走武内選手が生還。捕手は浜元選手=12日、駒沢硬式野球場で

写真

 高円宮賜杯第三十一回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(全日本軟式野球連盟、東京新聞など主催、東京中日スポーツ後援)三日目は十二日、東京・駒沢球場と大田スタジアムで三回戦八試合を行い、大会ベスト8が出そろった。

 大会最多優勝の長曽根ストロングス(大阪)は与那城ストロング(沖縄)に完封勝ち、守山ボーイズ(愛知)は一回戦に続き、今大会二度目の二桁得点で快勝。小名浜少年野球教室(福島)はエース・西巻賢二投手が二試合連続完封の好投で準々決勝進出を決めた。関東勢では河口湖船津(山梨)茎崎ファイターズ(茨城)、エンジェルス(埼玉)の三チームが八強入りした。

 十三日は大田スタジアムで準々決勝四試合が行われる。

(東京新聞)

 

この記事を印刷する