学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2011年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[中部総合]守山ボーイズら4強入り

守山ボーイズ−新山グリッターズスポーツ少年団 5回表2点適時打を放つ外山選手=大田スタジアムで

写真

 高円宮賜杯第31回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント4日目は13日、東京・大田区の大田スタジアムで準々決勝4試合を行い、守山ボーイズ(名古屋市)が新山グリッターズスポーツ少年団(秋田)に快勝し、4強入りを果たした。

 1回戦で先発登板し、チームを勝利に導いた佐々木陸都主将が2回戦で肩を痛め、3回戦を欠場。しかし、この日は「昨日は(痛みの)不安があったけど、きょうは大丈夫。守りでは何ともない」と遊撃で先発出場し、チームを引っ張った。

 キャプテンに代わってマウンドを守るのは福山廉投手だ。3回戦で5イニング無失点、この日は6イニングで失点2と、いずれも先発で力投した。

 打線も今大会3度目の二桁安打で、投手陣を援護。福山投手は「次も同じ。全力で投げて、みんなで攻撃して、銀メダル以上を狙うだけ」と言い、きりりと表情を引き締めた。

◆滋賀代表・多賀 2年ぶり準決へ

 滋賀県代表の多賀少年野球クラブが2年ぶりに準決勝進出。先発したエース菊本明宏投手は緩い球も効果的に使って6回途中まで2失点と好投した。「コントロールが良かったし、いいピッチングができました」。調子を落としていて、先発は久保田主将に譲っていたが初戦でリリーフして好投。これまで準優勝2度。悲願の優勝を狙う辻正人監督は「1つずつ勝っていきたい」と気を引き締めた。

(中日スポーツ)

 

この記事を印刷する