学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2011年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]大阪・長曽根4度目V

優勝を決め、抱き合って喜ぶ長曽根ストロングスナイン=15日、神宮球場で

写真

 高円宮賜杯第三十一回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(全日本軟式野球連盟、東京新聞など主催、東京中日スポーツ後援)は十五日、東京・神宮球場で決勝を行い、大阪代表の長曽根ストロングスが守山ボーイズ(愛知)を下し、自身の最多優勝記録を塗り替える四度目の優勝を達成した。十四日の準決勝で敗れた茎崎ファイターズ(茨城)と多賀少年野球クラブ(滋賀)が三位だった。

 決勝は二回に打者一巡で5点を奪うなど、序盤で大きくリードした長曽根が、その後も着実に加点し大勝。長曽根・熊田耐樹監督は「過去三度の優勝経験があり、追われる立場。勝ち抜くのは大変だった。感無量」と喜んだ。

(東京新聞)

 

この記事を印刷する