学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2011年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[茨城]茎崎、関東最高3位

3位入賞を果たした茎崎ファイターズナインら=東京都の大田スタジアムで

写真

 高円宮賜杯第31回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(全日本軟式野球連盟、東京新聞など主催、東京中日スポーツ後援)は十五日、大阪代表の長曽根ストロングスが優勝し閉幕、県代表の茎崎ファイターズ(つくば市)は十四日の準決勝で長曽根に敗れ三位になった。

 茎崎ファイターズは二〇〇八年に記録した、これまでのチーム最高位に並ぶ好成績。吉田祐司監督は「さすがに過去三度の優勝を誇る長曽根。完敗です」と脱帽し、「ただ、勢いで取った前回の銅メダルとちがい、今回ははじめから上位を狙い、つかんだ結果。大舞台で力を出してくれた選手たちをほめたい」と、関東最上位の結果をつかんだ選手たちをねぎらった。

 先発完投の吉田将伍主将は「気持ちでは負けていなかったが、ピッチャーも守備も向こうが上だった。力は出せた」と涙をぬぐった。

(東京新聞・茨城版)

 

この記事を印刷する