学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2011年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[愛知]守山ボーイズ準優勝

準優勝した守山ボーイズナイン=神宮球場で

写真

 高円宮杯第31回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント最終日は15日、神宮球場で決勝を行い、愛知勢初優勝を狙った守山ボーイズは長曽根ストロングス(大阪)に1−13で敗れ、準優勝に終わった。長曽根は6年ぶり4度目の優勝で、大阪勢の制覇は通算9度目。

◆あきらめず戦い「自信がついた」

 守山ボーイズは、悲願達成こそ逃したものの、大半の選手が笑顔で表彰式に臨んだ。

 「完敗です」。山本次雄監督は晴れ晴れとした表情だった。「長曽根の対策は立てたつもりでした。しかし、力が違った。特に打撃は、素晴らしいのひと言」と勝者をたたえた。地元では「ジュニアベースボールリーグ愛知」を主宰する立場で、多くのチームも見てきた。「ここまでは“緊張せずに、愛知でしてきた野球をしよう”と選手に言い、それができて勝ち上がれた。しかし、それでは長曽根さんには通用しなかった」

 1回戦の柵越え本塁打をはじめ、長打連発でチームを引っ張った主砲・外山立悟君は決勝でも2安打。「ここまで大量得点で勝てていたから、きょうも逆転できる、と思ってあきらめずに戦えた」と振り返った。「自信がついた大会だった」と口をそろえるのは佐々木陸都主将と落合主税捕手。

 決勝で登板した佐々木主将は「甘いところはすべて打たれたけど、投球自体は90点」とすがすがしい表情だ。準決勝まで、けがの主将を支えてマウンドを守った福山廉君はただひとり、涙で表彰式に並んだが、「コースをついて三振が取れたり、ピッチャーの楽しさが分かった」とも。多くを学んだ大会で、たくましさを増した選手たちを、スタンドの応援団が歓声で出迎えた。 (鈴木秀樹)

◆“大家族”胸張る

 守山は山本監督以外、コーチすべてが選手の父親。父母も全員参加が基本だ。全試合でベンチに入り、選手らをサポートした酒井豪介選手の母親・恵さんは「チーム全体が大きな家族みたいなもの。これまで最高だった全国ベスト8以上の成績を、監督にプレゼントしようと全員で頑張れた」と、大仕事をした“大勢の息子”に胸を張った。

(中日スポーツ)

 

この記事を印刷する