学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2012年 > 東京都知事杯・女子 > 記事

ここから本文

【東京都知事杯・女子】

真夏をヒートアップさせる乙女の闘い 4強

 東京都知事杯第1回都女子学童軟式野球大会エリエールトーナメント(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞主催)は28日に2回戦8試合、29日に準々決勝を世田谷区の駒沢軟式野球場で行い、大会ベスト4が出そろった。準決勝に駒を進めたのは江戸川エンジェルズ(江戸川)、北クイーンズ(北)、練馬区学童女子選抜(練馬)、足立フェアリー(足立)。準決勝と決勝は8月11日、都営駒沢球場で行われる。

応援席にあいさつに向かう北クイーンズナイン

写真

◆北クイーンズ 廣川さんセンターゴロ狙って仕留めた

 北クイーンズは2回戦で杉並区学童選抜(杉並)に10−1で勝利、準々決勝ではオール江東女子(江東)との打ち合いを14−10でものにし、準決勝進出を決めた。

 中軸を中心とした長打力もさることながら、走力や小技もきらりと光る連続2けた得点。準々決勝でバント安打など全打席で出塁、得点の9番打者・廣川怜音さんは、中堅の守備でも“レーザービーム”でセンターゴロを記録するなど、クイーンズの快進撃を象徴する働きを見せた。普段プレーする同区・ブルースカイズでも中堅を守る廣川さんは「センターゴロは“狙える”と思って迷わず送球しました。クイーンズはみんな仲良くて楽しい」と笑顔。駒崎隆二監督も「エラーもあるが、守備は全般的に良くなってきています」と、準決勝に向け上々の手応えだ。

江戸川エンジェルズは勝ち上がりながら調子を上げ4強入り=世田谷区・駒沢軟式野球場で

写真

◆江戸川エンジェルズ 日々成長で上昇ムード

 2回戦から登場した江戸川エンジェルズは、品川レディース選抜との初戦を終盤、1−4から逆転し、5−4で突破。準々決勝ではオール昭島を11−6で下して4強入りを決めた。

 昭島戦では、1回に大平彩愛さんの2点三塁打と木戸脇柚璃さんの2ランで4点、2回にも連打で4点と、序盤の猛攻で早々に試合を決めた。大関誠一監督は「初戦、2試合目と、戦いながら、徐々にイメージした形で結果が出るようになってきている」と手応えを強調。主将の茂木遥さんが「1試合目よりも2試合目の方がエラーも少なかったし、声も出てた」とにこやかに話すと、鍋谷あかりさんは「みんなで声を掛け合いながら、笑顔で戦えています」。上昇ムードに乗り、準決勝に臨む。

練馬区学童女子選抜は強豪・葛飾に勝利

写真

◆練馬区学童女子選抜 エース温存が吉!オール葛飾抑えた

 練馬区学童女子選抜は準々決勝で「連投は厳しいだろうと思い、2回戦で温存した」(矢内裕介監督)エース・石川舞さんがオール葛飾打線を抑え込んだ。

 3回まで2安打1失点と上々の内容。味方打線の大量援護を得た中盤以降は失点し、最終的には10−6とされたが、逃げ切ってベスト4入りを決めた。「バッティングはイマイチだけど、ピッチングはバッチリです!」と石川さんが大きな声で叫ぶと、キャプテンで捕手の大山奈央さんも負けじと大きな声で「ひとりが打つと、みんな打ちます! パーフェクト!!」。矢内監督も「チームができたのが7月。練習自体は満足にできていませんでしたが、しっかりチームになってきた」。このまま勢いを増し、頂点まで駆け上がりたい。

足立フェアリーは全試合快勝で準決勝進出

写真

◆足立フェアリー 負けたチームの分まで頑張る

 足立フェアリーは好守備の難敵・オール町田(町田)を下して準決勝進出を決めた。

 準々決勝は1回に2死から久下沼希依さん、小野七海さんの連続適時打で3点を先取、一度は追いつかれたが、4回に岡本美緒さんのスクイズなどで2点、5回には槇野みなさん、久下沼さんの連続適時打などで6点を加えて試合を決めた。「ひとつずつのプレーを、しっかりすることを心がけています」と槇野さん。主将の荘司沙那さんは「みんな仲が良くて、しっかりと声を掛け合えています」とほほ笑み、「この先は全部、接戦になると思うから、みんなで気を抜かず、負けたチームの分まで頑張りたい」と気持ちを引き締めていた。

◆オール江東女子 全試合2けた得点

 ベスト8で大会を終えたオール江東女子(江東)は3試合すべてが2けた得点。なかでも、オール小平(小平)との2回戦は9点ビハインドから逆転、コールドで勝利する離れ技をやってのけた。副主将の佐藤明日果さんは「みんなと楽しく戦えた」。元気いっぱいのプレーに、応援席からも大歓声が飛んでいた。

◆オール葛飾 終盤粘り及ばず

 2回戦でオール府中女子(府中)との好カードを1点差で制したオール葛飾(葛飾)だったが、「アンラッキーな部分も含め、流れが向こうにあった」(弓場大介監督)練馬区学童女子選抜との準々決勝では、終盤に粘りを見せたが及ばず。府中戦では力投を見せるなど、投打でチームをけん引した主将の伊藤雅楽さんは「みんなで戦えた。楽しかったです」と話し、「この大会では、バッティングとか、ほかのチームにもスゴイ子がいるなあってビックリしました」−。

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する