学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2016年 > 関東大会予選 > 茨城 > 記事

ここから本文

【茨城県大会】

水戸レイズが市長に抱負「全国大会でも優勝」

大会での優勝を誓う水戸レイズのメンバー=水戸市役所で

写真

 高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会(マクドナルド・トーナメント)県予選大会(県軟式野球連盟など主催、東京新聞など後援)で初優勝を果たした水戸レイズのメンバーらが二十五日、水戸市役所を訪れ、高橋靖市長に喜びを報告し、全日本大会への意欲を語った。

 レイズは八年前に創設し、今年はじめて県大会に進み、優勝した。海老根大成主将(12)=六年=は「優勝はうれしい。全国大会でも打線を爆発させて優勝を果たします」と熱く話した。高橋市長は「日ごろの練習の成果を発揮し、全国制覇を目指して」と激励した。

 水戸レイズは来月に東京・神宮などで行われる全日本大会(東京新聞など主催)と、今月末に東京・駒沢で行われる関東大会・東京新聞カップに出場する。 (山下葉月)

 

この記事を印刷する

PR情報