学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2016年 > 東京都知事杯争奪 > 記事

ここから本文

【東京都知事杯争奪】

不動、3連続完封コールド 8強出そろう

サヨナラのホームに滑り込んだコンバッツの則竹晴太君(中)(鈴木秀樹撮影)

写真

 東京都知事杯第39回都学童軟式野球大会JR東日本トーナメント(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞主催)は10日、八王子市滝ガ原運動場で3回戦8試合が行われ、大会ベスト8が出そろった。16日には昭島市の多摩川緑地くじら運動公園少年野球場で準々決勝、17日には八王子市上柚木公園野球場で準決勝と決勝が行われる。 (鈴木秀樹)

 不動パイレーツ(目黒)はこの日も船堀ダックスクラブA(江戸川)に7−0。これで3戦連続0封コールドと、完璧な内容で勝ち上がった。金町ジャイアンツA、水元ラビッツAの葛飾勢もそろってベスト8入り。水元は立川メッツ(立川)と乱打戦を16−8でものにした。一戦ずつ、戦いながら勢いを増しており、状態はさらに上向きの様子だ。

 深川ジャイアンツ(江東)は杉十ファイターズA(杉並)に競り勝った。レッドタイガース(北)、金森アームズ(町田)の古豪勢は完勝。相生イーグルス(品川)とコンバッツ(中野)はタイブレークにもつれた接戦を制してベスト8入りを果たした。

◆コンバッツ 川上君が接戦に終止符

 コンバッツ(中野)は強力打線を擁する青雲クラブ(荒川)をタイブレークの末に下した。5−6の最終6回に安打の田村雄太君が押し出しでかえり同点に。タイブレーク7回は表に3失点も、押し出しと捕逸に続き、川上昊介君の2点二塁打で接戦に終止符を打った。

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報