学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2016年 > 東京都知事杯争奪 > 記事

ここから本文

【東京都知事杯争奪】

レッドタイガース 関東大会へ出場 都学童野球初優勝

初優勝したレッドタイガース=八王子市の上柚木公園野球場で

写真

 都知事杯第39回都学童軟式野球大会JR東日本トーナメント(都軟式野球連盟、東京新聞・東京中日スポーツ主催)は十七日、八王子の上柚木公園野球場で決勝などが行われ、レッドタイガース(北)が金森アームズ(町田)を下して優勝した。不動パイレーツ(目黒)と水元ラビッツA(葛飾)が三位だった。

 準決勝からのダブルヘッダーで、ともに苦しい投手事情の中行われた決勝で、レッドタイガースは三回に本田聖空(きよたか)君が1イニング2本塁打を放つなど11得点し、四回コールド勝ちを収めた。

 レッドタイガースは大会初優勝。三十、三十一日に都営駒沢球場で行われる東京新聞カップ関東学童大会に東京代表として出場する。

 ▽準決勝

レッドタイガース(北)6−5不動パイレーツ(目黒)

金森アームズ(町田)8−2水元ラビッツA(葛飾)

 ▽決勝

金森アームズ

1000|1

1011x|12

レッドタイガース

 (四回コールド)

(金)齋藤、山谷−佐々木

(レ)小泉、齋藤−長尾

<本塁打>田口(金)、本田2(レ)

 

この記事を印刷する

PR情報