学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2016年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]関東の主役 女子選手

◆ズバッと強肩 埼玉・熊谷グリーンタウン 松村侑凜主将

強肩が持ち味の熊谷グリーンタウン・松村主将

写真

 県予選準決勝で昨年、全国大会準優勝の東松山野球スポーツ少年団、決勝では昨年、今年と関東大会を連覇した三郷クラブと、埼玉を代表する選抜強豪2チームをいずれもコールドで下し全国出場を決めた熊谷グリーンタウン。

 斉藤晃監督は「身近に全国クラスの強豪がいてくれるのはありがたい。先輩監督たちのアドバイスを胸に、しっかり戦います」と、初の大舞台に無心で臨む。

 ここまでの躍進は「松村(侑凜さん)と三枝(俊介君)の投手ふたりがリズム良く試合を作り、守備が安定したことでしょうね」と斉藤監督。

優勝を決め喜ぶ熊谷グリーンタウンの選手たち

写真

 とりわけ主将を務める松村さんは「声でもプレーでも、しっかりとみんなを引っ張ってくれる」頼れる存在だ。肩が強く「本来はショートを任せたい」というが、制球良く、堂々たるマウンドさばきも見事。「勝負どころを知っていて、要所を抑えられる。教えたことはないんですけどね…」

 群馬県館林市、岐阜県多治見市などとともに、夏の暑さで有名な熊谷。野球でも、その“熱さ”を武器に大舞台に挑む。

◆堂々の強心臓 東京・不動パイレーツ 野呂萌々子主将

冷静なプレーでチームを引っ張る不動パイレーツ・野呂主将

写真

 以前から都大会の上位常連ではあったが、一昨年に東京都知事杯学童大会を制すると、新人戦では2年連続の関東大会準優勝を果たすなど、いまや東京を代表する存在になりつつある不動パイレーツ。ことし、開催地枠で悲願の全国大会出場を決めた。

 攻守にレベルの高い、ことしのパイレーツをけん引するのは遊撃/投手の野呂萌々子主将。チーム初の女子キャプテンだが、深井利彦監督は「1年生でチームに入り、ほかの誰よりも練習してきた選手」と、彼女の野球に対するひた向きさを買っている。

全日本出場を決め喜ぶ不動パイレーツナイン

写真

 ひとたび試合になれば「とにかく負けん気が強い。大事な場面でも緊張せず、力を出してくれる」。安定感のある守備でチームを支える彼女だが、堂々たるマウンドさばきにも注目だ。

 そんな不動パイレーツは「都大会の後は一度、達成感でチーム全体が緩んでしまった」ものの、「もう一度、スイッチを入れます」と深井監督。初戦の会場は、チームが活動する目黒区から程近く、地元ともいえる都営駒沢球場。地の利を生かし、力を出し切れば結果はついてくるはずだ。

◆自慢の投手陣の一角 千葉・豊上ジュニアーズ 佐藤なつみ投手

高野監督が「県内一」と太鼓判を押す豊上ジュニアーズのエース佐藤さん

写真

 創部38年の豊上ジュニアーズが念願の初出場を果たした。

 人数は少ないが6年生10人は1年生の時に一緒に入団し、6年間ともに練習で汗を流し成長してきた仲良し軍団。女子野球の全国大会に出場経験があるエース右腕の佐藤なつみさんら、ダブルヘッダーでも対応できる層の厚い投手陣。

 県大会の準決勝、決勝では失策「1」。投手陣も「頼りになる」という守備陣がバックを守る。

 「記録に残る野球をして地元・柏に優勝旗を」と意気込む滑川和馬主将。全国初陣で賜杯獲りに挑む。

◆守り任せろ 信頼の制球力 山梨・玉幡 和田すみれ投手

昨夏から急成長した和田投手(左から2人目)

写真

 昨秋、関東新人戦で1回戦完封負けを喫し、雪辱を胸に態勢を立て直した玉幡。再び県の頂点に上り詰め、初の全国大会に挑む。

 選手たちと話し合い「足りない打撃力」(小澤大生監督)を強化。練習の9割近い時間を割き、どこからでも得点できる強力打線に成長、県予選では機動力も生かし総得点36、平均7得点をたたき出した。

 とはいえ「もともと守備のチーム」。県予選決勝では失策ゼロの堅守を披露した。指揮官も太鼓判を押す投手陣は、昨春から技術力、制球力が増したエース左腕・和田すみれさんと、相澤秀光主将の二枚看板。

 走攻守そろった玉幡が「まずは初戦突破」そして県勢初の全国制覇を目指す。

◆抜群の安定感で快進撃 東京・クラウン 鈴木英未奈投手

安定した投球で試合を作る鈴木投手に対するクラウンのベンチ、ナインの信頼は厚い

写真

 チーム初の全国大会出場を決めた都予選では強豪を次々と下し、鶴見宗久監督も「最近よく聞く“神ってる”ってやつですね」と振り返る快進撃をみせたクラウン。それを支えたのは「なんといっても投手の安定ですね。守備はもちろん、攻撃にもいいリズムを与えてくれたと思っています」。

 安定感抜群の鈴木英未奈さん、キレのあるボールで勝負する東山陽紀君の2投手がしっかりと試合を作り、長打力のある打線がきっちりと援護。都大会後も、都内の強豪と練習試合を重ねてきた。真夏の大舞台でも、持ち味をしっかり発揮したい。

 

この記事を印刷する

PR情報