学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2016年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[栃木]南摩スポーツは初戦突破ならず

1回戦で力尽き、肩を落とす南摩スポーツの選手たち=東京都立川市の立川公園野球場で

写真

 高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)は八日、東京都立川市の立川公園野球場などで1回戦があり県代表の南摩スポーツ(鹿沼)はてい水野球少年団(三重県)に7−11で敗れ、初戦突破は及ばなかった。

 南摩は一回、制球が乱れるてい水の先発・宇佐美貴也投手らから7連続四球を選び6点を奪ったが、7−1で迎えた三回に適時打と満塁本塁打を浴び1点差に迫られると、五回には、適時打とスクイズを決められ2点を献上し逆転を許した。六回にも、守備の乱れと、適時打で3点を失い力尽きた。

 関口弘明監督は「守備の乱れから失点を許してしまう苦しい戦いでしたが、ベンチの選手たちも含め最後まであきらめず戦ってくれました」と酷暑の中で力を出し切った選手たちをねぎらった。1安打を放った太田蓮主将は「神宮の開会式、そして、素晴らしい球場で強いチームと対戦できて最高の経験ができました」と感想を話した。 (石井智昭)

 ▽1回戦

南摩スポーツ

6010000|7

105023x|11

てい水野球少年団

(南)駒場−太田

(てい)宇佐美、山口−上村

本塁打 上村(てい)▽二塁打 上村、高橋(てい)

 

この記事を印刷する

PR情報