学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2016年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[千葉]豊上ジュニアーズが初戦突破し16強入り

先発のマウンドに立ち、完投した佐藤なつみさん=東京都世田谷区の都営駒沢球場で

写真

 高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)で九日、県代表で初出場の豊上ジュニアーズ(柏市)は初戦の2回戦で、やよいスポーツ少年団(山口)を7−4で下し、全国大会初勝利を飾り16強入りを決めた。

 二回、1死二、三塁で金子碧海君の左前適時打から5点を奪った豊上は三回には1点を献上したが、その裏には、1死三塁から内野ゴロの間に6点目。四回には、先発の佐藤なつみさんが3点を失ったが、六回にも1死三塁から敵失で1点を加えた。五回以降ペースを取り戻した佐藤さんは低めをていねいに突く投球で完投した。

 さいたま市で開催中の女子学童野球の全国大会「NPBガールズトーナメント」で前日に6回を投げた佐藤さんは「疲れもなく、コースに決まった」と振り返った。高野範哉監督は「次の相手は前年優勝の長曽根。胸を借りるつもりで思い出に残る戦いをしたい」と話した。 (石井智昭)

 ▽2回戦

やよいスポーツ少年団

0013000|4

051001x|7

豊上ジュニアーズ

(や)大木−笹瀬

(豊)佐藤−三上

▽二塁打 蔵田、大木、笹瀬(や)佐藤(豊)

 

この記事を印刷する

PR情報