学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2016年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[埼玉]熊谷惜敗 2回戦で去る

厳しい表情で戦況を見つめる熊谷グリーンタウンのメンバー=ダイワハウススタジアム八王子で

写真

 高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)で、県代表の熊谷グリーンタウン(熊谷市)は九日、東京都八王子市のダイワハウススタジアム八王子で小野東スポーツ少年団(兵庫)に0−1で敗れて3回戦進出を逃した。

 四回1死三塁、内野ゴロの間に先制された熊谷は、相手エースの緩急のある投球に打線が沈黙した。斉藤晃監督は「ストライクが必ず入る。ここまでコントロールに優れた投手は初めて」と脱帽した。

 遊撃手の松村侑凜(ゆりん)主将は六回途中、エース三枝俊介君に代わりマウンドへ。3、4番打者を打ち取った。「チームが持っている力を出し切った。悔いはありません」と吹っ切れた表情。女子プロ野球選手になるのが夢で、小学校卒業後は地元の女子チームでプレーを続けるという。 (栗原淳)

 ▽2回戦

熊谷グリーンタウン

0000000|0

000100x|1

小野東スポーツ少年団

(熊)三枝、松村−金丸

(小)常深−市橋

▽二塁打 西澤(熊)中塚(小)

 

この記事を印刷する

PR情報