学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2016年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[東京]不動パイレーツ ベスト8ならず

あいさつする不動パイレーツのメンバー=大田区で

写真

 高円宮賜杯第36回全日本学童野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)で十日、開催地枠で初出場の不動パイレーツ(目黒区)は、優勝候補の一角、世名城(よなしろ)ジャイアンツ(沖縄)に0−2で敗れ、ベスト8進出はならなかった。

 3日連続で先発した富塚隼介君は、六回まで相手打線を3安打無得点に封じ込めたが、七回、7番打者に本塁打を浴びた。富塚君は「2アウトを取って気が抜け、甘い球が入ってしまった」と涙をぬぐった。打線は五回、1死三塁の好機でスクイズを見破られるなど、相手バッテリーを崩しきれなかった。

 深井利彦監督は「打ち負けてはいなかったが、相手打線が上手だった。初の全国大会で二勝できたことは今後につながる」と話した。 (酒井翔平)

 ▽3回戦

世名城ジャイアンツ(沖縄)

0000002|2

0000000|0

不動パイレーツ

(世)中村−福原

(不)富塚−今泉

本塁打 花城(世)▽三塁打 福原(世)▽二塁打 木村、下田、増子(不)

 

この記事を印刷する

PR情報