学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2016年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[神奈川]富士見台ウルフ初出場8強 小笠原主将、1失点完投

写真

 高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)で10日、初出場の富士見台ウルフ少年野球クラブ(神奈川)が3回戦で戸尾ファイターズ(長崎)に3−1で勝ち、8強入りした。

 富士見台は三回、戸尾の守備の乱れでチャンスをつくると、無死一、二塁から枡井亮磨君の適時二塁打で先制し、続く斎藤善君の中前2点打で計3点を奪った。四回、戸尾に1点を献上したが、先発した主将の小笠原大燿(たいよう)君が粘りの投球で最終七回のピンチを切り抜けた。

 7回1失点の完投でチームをけん引した小笠原君は「第1ストライクがうまく決まり、リズムよく投げることができました」。決勝打を放った斎藤善君は「この勢いのまま勝ち続けていきたい」と話した。捕手の大森海君は「投手を助けられるようにヒットを打ちたい」と次の試合に向けて意気込んだ。 (石井智昭)

 ▽3回戦

戸尾ファイターズ(長崎)

0001000|1

003000x|3

富士見台ウルフ少年野球クラブ(神奈川)

(戸)田栗−佐藤

(富)小笠原大−大森海

▽二塁打 佐藤(戸)枡井(富)

 

この記事を印刷する

PR情報