学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2016年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]神奈川代表8強入り

5回裏不動パイレーツ1死三塁、スクイズを外され、捕手に挟殺される三走下田選手(左)=10日、大田スタジアムで

写真

 高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催、東京中日スポーツなど後援)は十日、三回戦八試合が東京・神宮球場と大田スタジアムで行われ、ベスト8が決まった。 

 関東勢で唯一、神奈川代表の富士見台ウルフ少年野球クラブが勝ち進み、前年度優勝の長曽根ストロングス(大阪)などとともに八強入りを果たした。十一日は同じ二会場で準々決勝が行われる。

 ▽3回戦

東16丁目フリッパーズ(北海道南)5−2岡山庭瀬シャークス(岡山)

海津中央クラブ(岐阜)7−3山田西リトルウルフ(大阪)

小野東スポーツ少年団(兵庫)3−1宝永パワーズ(福井)

てい水野球少年団(三重)2−1新庄ジャイアンツ(富山)

富士見台ウルフ少年野球クラブ(神奈川)3−1戸尾ファイターズ(長崎)

長曽根ストロングス(大阪)2−0豊上ジュニアーズ(千葉)

日高軟式野球クラブ(愛媛)3−1岡富クラブ(宮崎)

世名城ジャイアンツ(沖縄)2−0不動パイレーツ(東京)

 

この記事を印刷する

PR情報