学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2016年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[福井]宝永パワーズ、初の全国8強逃す

最終七回、味方の攻撃に声援を送る宝永パワーズナイン=東京・神宮球場で

写真

 東京・神宮球場などで七日から行われている高円宮賜杯第三十六回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(中日新聞東京本社など主催)に県代表として出場した宝永パワーズ(福井市)は十日、神宮球場で小野東スポーツ少年団(兵庫県)との三回戦に臨んだが、1−3で惜敗した。

 宝永は九日の二回戦から登場。大分県代表の上堅田ブラックパンサーズを7−3で下したが、チーム初の全国大会で8強入りまでは果たせなかった。

 原孝監督は「相手投手が良かった。スローボールを捨て、速球勝負の指示が徹底できなかった」と悔やんだが、「やはり全国大会での戦いは、ここでしかできない。子供たちにとっても、いい経験になった」と手応えも話した。

 橋本雅哉主将(六年)は「笑顔で楽しく、僕たちの野球ができた。一試合勝って、神宮球場で試合ができたのはうれしかった」と振り返った。

 福井に帰り、今月下旬からの市秋季大会に臨む宝永ナイン。原監督は「それが六年生は最後の大会。全国での経験を生かした戦いをしたい」と力を込めた。 (鈴木秀樹)

 ▽三回戦

宝永パワーズ(福井)

0000100|1

000003x|3

小野東スポーツ少年団(兵庫)

(宝)原、池田−池田、野路

(小)常深−市橋

(中日新聞)

 

この記事を印刷する

PR情報