学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2016年 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]神奈川代表、健闘の3位

7回、同点に追い付き沸き上がる富士見台ウルフ少年野球クラブのベンチ=12日、大田スタジアムで

写真

 高円宮賜杯第36回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催、東京中日スポーツなど後援)は十二日、東京都大田区の大田スタジアムで準決勝二試合が行われた。関東勢で唯一勝ち上がった富士見台ウルフ少年野球クラブ(神奈川)は、小野東スポーツ少年団(兵庫)に特別延長戦の末、6−7で敗れた。十三日は決勝が大田スタジアムで行われる。

     ◇

 序盤に三点のリードを許した富士見台は五、六回表に一点ずつ返し、七回表一死一、三塁で大森海(かい)君の犠飛で同点に追い付いた。無死満塁から始まる特別延長八回、斎藤公太君の適時打や押し出し死球などで三点を加えたものの、その裏に主将の小笠原大燿(たいよう)君が長打を含む三安打を浴び、力尽きた。

 四試合を一人で投げ抜いた小笠原君は「球は走っていたが、相手の実力が上だった。チームの持ち味は出せたし、初出場で三位という立派な成績を残せた」と充実した表情。祖父でもある小笠原春夫監督は「最後まで野球を楽しみ、よく頑張ってくれた。胸を張って帰ってほしい」と選手たちの健闘をたたえた。 (酒井翔平)

 ▽準決勝

長曽根ストロングス(大阪)

0001000|1

0000000|0

東16丁目フリッパーズ(北海道南)

(長)斉藤−浜口

(東)山中−疋田

▽二塁打 疋田(東)

富士見台ウルフ少年野球クラブ(神奈川)

00001113|6

12000004x|7

小野東スポーツ少年団(兵庫)

 (特別延長八回)

(富)小笠原大−大森海

(小)常深−市橋

▽三塁打 常深、那波(小)

 

この記事を印刷する

PR情報