学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 2017年 > セガサミーカップ > 記事

ここから本文

【セガサミーカップ】

セガサミー杯 組み合わせ決定 18日開幕

開幕に向けガッツポーズし闘志をみせた出場各チームの主将たち。後列中央は激励に訪れたセガサミー野球部の赤堀大智主将(石井智昭撮影)

写真

 冬の東京ナンバーワンを決める第9回セガサミーカップ学童軟式野球大会(東京都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞主催、セガサミーグループ特別協賛、フィールドフォース協賛)が18日、八王子市の滝ガ原運動野球場で開幕する。都内7ブロックの代表各2チームに前回優勝の西伊興若潮ジュニア(足立)、地元開催枠で出場する第三地区ライオンズを加えた計16チームが参加。1日には、渋谷区の東京体育館で組み合わせ抽選会が行われ、各チームの対戦相手が決まった。25日に八王子市のセガサミー野球場で行われる決勝を目指し学童野球の集大成をみせる。 (石井智昭)

◆父母ら向けに栄養講習会開催

 会場では組み合わせ抽選会に先立ち、成長期を迎える学童選手を育てる父母らに向けた栄養講習会が開かれた。

「強く大きくなるための基本の食事」をテーマに開催された栄養講習会に訪れた父母ら=渋谷区千駄ヶ谷の東京体育館で

写真

 昨年に続き今回が2度目の開催で、約100人が受講。「強く大きくなるための基本の食事」と題し、16年のリオデジャネイロオリンピックにも帯同し、日本代表選手たちの食事管理に携わったシダックスフードサービスの長橋あゆみ管理栄養士が成長に欠かせない食事の大切さを唱えた。

栄養講習会で講師を務めたシダックスフードサービスの管理栄養士・長橋あゆみさん

写真

 (1)「体を大きくする」(2)「疲れをとる」(3)「バテないようにする」(4)「ケガを早く治す」(5)「風邪などで体調を崩さないようにする」といった食事の役割や、成長期に必要な栄養素の取り方を説明した。ほかにも、料理を作る母親たちの負担を軽くしながら栄養価を上げる冷凍野菜や、調理済みの食品を使った献立、生活時間に合わせた効率の良い食事法など、これまでの経験を1時間にわたってアドバイスした。

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報