グリーンリボン ランニング フェスティバル

名称 2019 グリーンリボン ランニング フェスティバル
日程 2019年10月14日(月・祝)
場所 駒沢オリンピック公園陸上競技場およびジョギングコース
内容 臓器移植者、ドナー(臓器提供者)、ドナーファミリー、障がいのある方・ない方が共に走るランニングフェスティバル
主催 NPO法人日本移植者協議会(公財)東京都スポーツ文化事業団(公財)東京陸上競技協会
東京新聞・東京中日スポーツ
共催 (公社)日本臓器移植ネットワーク
主管 (公財)東京陸上競技協会
後援 厚生労働省、東京都、世田谷区、東京新聞社会事業団
協力 (公財)東京都公園協会、(公財)笹川スポーツ財団、NPO法人日本スポーツボランティアネットワーク、
NPO法人日本スポーツボランティア・アソシエーション、国士舘大学防災・救急救助総合研究所、
(一社)日本スキンバンクネットワーク、認定NPO法人全国骨髄バンク推進連絡協議会、
角膜センター・アイバンク
協賛 アステラス製薬株式会社、三菱商事株式会社、株式会社大塚商会、
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社、
パシフィックコンサルタンツ株式会社
種目
10km @10km
《高校生以上》
制限時間:1時間20分
定員:500名
参加費:一般 4,000円、高校生 3,000円
ファミリーラン Aファミリーラン(約2.5km)
《小学生以上のお子様と保護者》
制限時間:30分
定員:500名
参加費:3名まで1組 2,500円、5名まで1組 5,000円
42.195kmリレー B42.195kmリレー
《小学生以上・1チーム2〜10名編成》
制限時間:5時間
定員:200チーム
参加費:1名につき 3,500円
ハーフマラソン 東京都スポーツ文化事業団理事長杯対象種目Cハーフマラソン
《高校生以上》
制限時間:3時間
定員:300名
参加費:一般 5,000円、高校生 4,000円
スケジュール
(予定)
スケジュール

※参加受付終了時間は種目により異なります。詳しくは開催約10日前にお送りする参加案内をご確認ください。
※10kmとハーフマラソンは男女各上位3名、ファミリーランと42.195kmリレーは上位3組(チーム)を表彰します。
※ハーフマラソン男女1位は東京都スポーツ文化事業団理事長杯として表彰します。
ゲスト
高橋勇市

高橋勇市選手

アテネパラリンピックマラソン(視覚障害)金メダリスト

高校2年生の時に目の疾患「白点状網膜症」と診断され、その後、難病「網膜色素変性症」を併発。34歳で完全に失明するが、陸上選手として多くのマラソン大会に出場し、2004年アテネパラリンピックマラソン(視覚障害)、’06年世界陸上競技選手権オランダ大会マラソン(視覚障害) で金メダルを獲得。その後、’08年の北京パラリンピックで16位、’11年世界陸上選手権ニュージーランド大会で4位入賞、’12年ロンドンパラリンピックで7位入賞、’13年世界陸上フランス大会で7位入賞するなど、第一線で活躍を続ける。現在はバリアフリーを訴えて署名活動、講演会活動を展開するなど社会貢献にも力を入れている。
「グリーンリボンランニングフェスティバル」には2007年(第2回)から出場。今回もゲストランナーとして10kmに参加する。
福内櫻子

福内櫻子さん

ランニングアドバイザー・タレント

1993年8月30日生まれ。福岡県出身。
大学時代は関東大学選手権大会5000mで3連覇。10000mで2連覇。大学卒業後はランニングアドバイザー、ランニングタレントとしてメディアへの出演やイベント出演を通してランニングカルチャーを発信している。
(成績)2014年 日本インカレ5000m優勝
    2014年 富士山女子駅伝区間1位
    2015年 関東インカレ5000m優勝
    2015年 関東インカレ10000m優勝
ランニング チア スクウォッド

ランニング チア スクウォッド

チアリーディングで元気と笑顔を届ける日本初のマラソン大会応援プロフェッショナルパフォーマンスチーム。全国各地で開催されているマラソン大会、ランニングイベントで活動。

応援することが大好きなそれぞれ自立したメンバーで、パフォーマンス技術や容姿だけではなく、チームワーク、コミュニケーションに優れたプロフェッショナルパフォーマンスチームです。 みなさん一人一人のチャレンジをパフォーマンスという形で心から応援します。そして大きなエネルギーの輪にしましょう!!
問い合わせ グリーンリボン ランニング フェスティバル事務局
〒100-8505 東京都千代田区内幸町2-1-4 東京新聞スポーツ事業部内
TEL:03(6910)2509(平日10:00〜18:00)
Copyright (C) The Tokyo Shimbun, All Rights Reserved.