東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 連載小説「本心」

ここから本文
写真

 僕は、自分がほとんど、彼の上半身しか見ておらず、下半身が、存在していないかのように接していたことに気づかせられた。そして、彼が自分という人間を全体として生きる上で、感覚の失われた領域とどのような関係を築いているかを、その的確な説明で理解した。(2020年5月22日) 記事全文へ

 
 

読者の皆さまへ

 「本心」は平野さんの希望で、紙面から4日遅れで東京新聞ホームページにも掲載します。バックナンバーも読むことができます。
 紙面に加えてインターネットも活用することで、「新しい小説の楽しみ方」を読者の皆さまとともに創造したいと希望しています。ぜひ皆さまもご自分のツイッターで『#平野啓一郎 #本心』の2つの#(ハッシュタグ)をつけて感想を投稿してください!ご感想が平野さんの執筆の励みになるほか、このハッシュタグを使って検索すれば、ほかの読者の感想をまとめて読むことができます。
 あらすじなどを記した平野さん公式サイト内『本心』特設ページは https://k-hirano.com/honshin
 平野さんが日々感じたことをつぶやく公式ツイッター、ならびに東京新聞文化部の公式ツイッターはこのページの下段にあります。ぜひ、皆さまもツイッターを通してご参加ください!

 第1話はこちら

平野啓一郎さんプロフィール

平野啓一郎(撮影:瀧本幹也)

<ひらの・けいいちろう> 1975年、愛知県蒲郡市生まれ。北九州市育ち。京都大在学中の99年、デビュー作「日蝕」で芥川賞。著書に小説「マチネの終わりに」「ある男」、新書「『カッコいい』とは何か」等。「マチネの終わりに」は福山雅治さん、石田ゆり子さん共演の映画が2019年11月公開。東京都在住。

平野啓一郎

PR情報