東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 東日本大震災 > 夏を乗り切る > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【夏を乗り切る】

入浴で疲労回復を

写真

 暑い季節には、体温が上がることを嫌い、バスタイムをシャワーだけで済ませる人もいるが、入浴は副交感神経が活発になり、血行も良くなって疲労回復の効果がある。

 国立健康・栄養研究所の研究者によると、人は体温が下がる時に眠気を感じる。入浴で少し体温を上げておくと、その後、体温が下がる時に眠気を感じやすくなる。

 自律神経が不安定になる冷房病の予防としても入浴は有効だ。リラックスしたり、血行を良くするには、基本的にはぬるめの湯がお勧め。熱めの湯が好きな人は入浴時間を短めにして、就寝の一時間ほど前までに終える方が良いという。

 入浴は意外と汗をかくので水分補給も忘れずに。

 

この記事を印刷する