東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > 東日本大震災 > 夏を乗り切る > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【夏を乗り切る】

日傘や帽子で熱中症予防

写真

 炎天下に外出するときも少しの工夫で、熱中症を予防できる。環境省の熱中症のマニュアルなどは、外出時、建物や樹木などの日陰を選んで歩くことや、日傘をさすこと、帽子をかぶることなどを勧めている。

 ここ数年で「クールビズ」という用語がすっかり定着してきたが、通気性の良い服装を心がけることも大事。汗を吸いやすく乾きやすい素材の開発も進んでおり、そうした素材を使った服も活用してみよう。

 子どもはどんな服を選んだらよいか十分な知識がないので、保護者の適切な指導も必要だ。また、国立環境研究所の研究員は「暑さを感じにくい高齢者は服を着込みがち」とも話す。周囲の人は気を配ってあげよう。

 

この記事を印刷する