東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京新聞フォーラム

ここから本文

【東京新聞フォーラム】

 東京新聞フォーラムは、東京新聞の読者へのサービス還元を目的に、1986年7月に「21世紀東京圏フォーラム」として発足しました。21世紀になってからの「新世紀懇話会」を経て、2009年からは「東京新聞フォーラム」として、地域に密着した話題や時事問題、スポーツ、趣味教養など、それぞれのテーマに沿った有識者、専門家をゲストに迎えて聴講無料で開催、好評を博しています。

次回のお知らせ

「しきしまの大和へ」

 東京・池袋のサンシャインシティにある古代オリエント博物館で、10月5日から12月1日まで「奈良県立橿原考古学研究所附属博物館蔵品巡回特別展『しきしまの大和へ』」が開催されます。特別展の開幕にあわせて、大和のくにづくりに外来文化がいかに関わってきたのかなど、展示内容とともに紹介・解説します。

[日時]
2019年10月5日(土) 13:00〜16: 00(開場 12:30)
[会場]
サンシャインシティ文化会館ビル5階 特別ホール501室(〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-1-4)
[定員]
220名(聴講料1000円、事前申込制)
※普通はがき1枚につき1人までの応募とさせていただきます。
※事前応募制。抽選とし、当選者の方のみに、聴講券を発送します。
※聴講券をお持ちでない方はご入場いただけませんので、ご注意ください。
詳細はこちらから
写真

 東京新聞フォーラム「人生100年時代を生きる」(東京新聞主催、西京信用金庫、関節ライフ特別協賛)が7月20日、東京都千代田区の日本プレスセンターで開催された。第1部は「ひょうげもん一代記」と題して、コメディアンの小松政夫さんが基調講演。(8月3日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

会場には、大勢の聴講者が詰めかけた