東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > アーカイブ2011 > 統一地方選2011 > 神奈川 > 記事

ここから本文

【統一地方選2011】

6市町長・14市町議選 きょう投開票 知事選挑戦 露木氏の地元・開成町

2011年4月24日

高層マンションが立ち並ぶ駅前で、支持を訴える町長選立候補者=小田急開成駅前で

写真

 統一地方選後半戦は二十四日、六市町長選と十四市町議選が投開票される。露木順一・前町長(55)の知事選出馬に伴う開成町長選も行われるが、同町では無投票当選が続き、投票は十三年ぶり。この間、新興住宅地に移り住み、初の町長選を迎える新住民の間には、新たなかじ取りを選ぶ期待感と、町政の変化に対する不安の声が交錯している。 (新開浩)

 「今までの町の行政を守り、しっかり引き継ぐ」「露木前町長と十数年間、一緒に政治活動を行ってきた」

 開成町長選に立候補した元会社員山本研一氏(57)と、NPO法人理事長府川裕一氏(55)は、新築の高層マンションが立ち並ぶ小田急開成駅前での街頭演説で、相次いで「露木路線」の継承を強調した。

 十日の知事選で初当選した黒岩祐治氏(56)に、倍以上の得票差で敗れた露木氏だが、町内では得票率の約九割を占める七千三百票を獲得し、六百票の黒岩氏に圧勝。地元の支持は圧倒的だった。

 人気の理由は、人口増に象徴される在任中の町の発展だ。露木氏が町長選に初当選した一九九八年、一万三千人だった人口は、同駅前でのマンション建設や、富士フイルムの研究所誘致に伴い、今年一月には一万六千人まで増加。十三年前と比べると、二割以上の伸びだ。

 後継を争う両候補も、露木氏との関係は深い。山本氏の父久雄氏は露木氏の前の町長で、後任の露木氏を支持した。府川氏は元同町議長として、露木氏とともに町政の両輪を担った。

 このため、露木氏は後継指名はせず、選挙戦をこう見通す。「町内の農村部は地縁血縁が強く、支持者の色分けがはっきりしている。どちらにも属さず、人口が密集する新住民の支持を得た候補者が勝つだろう」

 一方、新住民の思いはさまざまだ。開成駅前のマンションに六年前に引っ越してきた主婦(58)は「開成に住んで初めての町長選なので、とても関心がある」という。孫娘の手を引きながら「子育て支援策を比べて、誰に投票するか決めたい」と語った。

 一方、定年退職した七年前、厚木市内から開成駅前のマンションに引っ越してきた無職男性(73)は「本当は選挙をやってほしくなかった。露木氏に、町長を続けてほしかった」と複雑な表情を浮かべた。

 

この記事を印刷する