東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 特集・連載 > アーカイブ2015 > 統一地方選2015 > 埼玉 > 記事

ここから本文
写真
 

1候補届け出却下 さいたま市議選、実刑確定で

 さいたま市選挙管理委員会は十日、十二日に投開票される同市議選の南区選挙区に立候補していた無所属新人の不動産鑑定士山口節生(せつお)氏(65)について、告示後に実刑判決が確定したため公選法の定めで被選挙権を失ったとして、届け出を却下したと発表した。山口氏への期日前投票は無効になる。同市で初めてのケースという。

 市選管などによると、山口氏は二〇一二年に駐車違反の取り締まりを受けた際に供述調書を破ったとして公用文書毀棄(きき)の罪に問われ、昨年一月にさいたま地裁で懲役八月の判決を言い渡された。

 市議選が告示された今月三日の時点で被選挙権はあったが、最高裁で四日に実刑判決が確定した。公選法は「禁錮以上の刑に処せられその執行を終わるまでの者」は被選挙権がないと定めている。

 市選管は、三日夜に山口氏の妻を名乗る人物から「実刑判決を受けている」との電話を受けて調査。本籍地の東京都港区役所や最高裁に問い合わせ、十日に判明したという。

 

この記事を印刷する