東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 千葉 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・千葉】

市立船橋と木更津総合 甲子園かけきょう決勝

2007年7月29日

安房−市立船橋3回表1死、ニゴロの間に三塁走者の安房・岩沢寿和選手が本塁を狙うが、タッチアウト=いずれも千葉マリンスタジアムで

写真

 頂点に立つのは市立船橋か木更津総合か―。第八十九回全国高校野球選手権千葉大会は二十八日、準決勝2試合を千葉マリンスタジアム(千葉市美浜区)で行い、市立船橋が安房を、木更津総合が東海大浦安を下し、決勝進出を果たした。市立船橋は9年ぶり、木更津総合は4年ぶりの決勝となる。

 第1試合の安房−市立船橋は1点を争う好ゲームになった。先制は安房。初回、死球で出塁した先頭打者を犠打で二塁に進めると、二死から田中幸貴主将(三年)に適時二塁打が飛び出した。

 その裏、市立船橋はすぐさま反撃に出た。2番野田和宏選手(三年)の三塁打でチャンスを迎え、5番宇崎圭祐選手(三年)の適時打で同点とした。

 その後、両校1点ずつ加え2−2で迎えた八回裏、市立船橋は連打に足を絡め一死一、三塁とチャンスを広げ、前の打席で三塁打の早川翔選手(三年)が中犠飛を放ち勝ち越し。七回から継投した岩崎翔投手(三年)が最終回の安房を零封した。

 第2試合は木更津総合が投打で東海大浦安を一歩上回った。初回、相手のミスで得た走者を2つの犠打で生還させた。無安打で先制すると、さらに3連打で計3点を奪った。

 木更津総合の先発・斎藤翔太郎投手(三年)は低めのコーナーを突くていねいな投球で八回途中まで2失点と好投。マウンドを引き継いだ田中優投手(二年)も打者6人を無安打に抑え完勝した。

 決勝戦は二十九日午後一時から、千葉マリンスタジアムで行われる。 (武田雄介)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧