東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 群馬 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・群馬】

最高のプレーで「夏をより熱く」 館林・山口主将が宣誓

2007年7月8日

写真

 「甲子園に続く最高の舞台で最高のプレーをし、群馬の夏、日本の夏をよりあつくします」。館林の山口慶典主将が力強く選手宣誓すると、観客からひときわ大きな拍手が送られた。両親や監督らと考えた言葉だという。

 「これまで流した汗や涙をエネルギーに変え」「来る日も来る日もユニホームを真っ黒にし、練習を積み重ねてきた」と、野球に寄せる思いを宣誓の言葉に込めた。最後は「風のようにさわやかに、照りつける太陽のように熱く、激しく最後の一瞬まであきらめずに白球を追い続けることを誓います」と結んだ。

 大役を終え、「百点満点です」と笑顔をはじけさせた山口主将。「甲子園を目指してチームを引っ張る」と初戦に向け、意気込んでいた。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧