東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 群馬 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・群馬】

<熱球譜>太田市商 国定雅幸投手 3年 途中降板…大学で雪辱誓う

2007年7月9日

写真

 「エースの自分を信じてくれた仲間に、ありがとうと言いたい」。国定雅幸投手(三年)は八回コールドで試合が終わった瞬間、放心状態でベンチに座り込んでいた。

 序盤は、息詰まる投手戦を展開。試合が動いたのは、四回裏一死一、三塁の場面。前橋商の佐々木和寛選手が打ち上げた打球が、不運にも右前適時打に。先制点を許し、七回途中まで投げたが、守備の乱れなどもあり、結果的に4点を奪われた。

 春の大会でも背番号「1」を背負い、チームを準優勝に導いたエース。試合後、糸井昭仁監督は「よく投げてくれた」とたたえ、主将の児島祐捕手は「二年間、バッテリーを組めて楽しかった」と吹っ切れた様子でつぶやいた。

 だが、国定選手自身は、「悔いが残る」と目を真っ赤にしてうなだれた。負けただけでなく、最後まで投げられなかったから。マウンドから降りたのは七回裏、先頭打者に四球を出した後だった。「もっと体力をつけて、大学でも野球を続ける」。エースのプライドを胸に、球場を立ち去った。 (石井友恵)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧