東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 群馬 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・群馬】

明和県央、延長戦制す シードの前橋育英など3校、順当コールド勝ち

2007年7月10日

明和県央−太田延長12回裏2死二塁で太田の中島渉選手の右前打、二走の黒沢進伍選手がホームでタッチアウト=県営敷島球場で

写真

 全国高校野球選手権県大会は九日、県営敷島球場など4球場で11試合があった。シード校の前橋育英、桐生市商、健大高崎はコールドで、高崎商も順当に、それぞれ勝ち上がった。明和県央は延長十四回の激戦の末、太田を4−3で下し、3回戦にコマを進めた。

 太田の主戦・玉尾康貴選手(三年)に対し、明和県央は二年生を含む3人の投手リレー。明和県央は延長十二回裏の二死二塁のピンチを好守備でしのぐと、十四回表、一死一、三塁の好機で外所(とどころ)拓真選手(二年)が中前適時打を放ち、決勝点をたたき出した。外所選手は「うれしくて、本当に」とほおを緩ませた。

 この日は、健大高崎の黒崎寿人選手が大会第1号の本塁打。このほか桐生市商の吉野心裕選手、前橋育英の田中慧選手、館林の松本光平選手の3人も本塁打を放った。 (石井友恵)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧