東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 群馬 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・群馬】

東農大二 玉村に辛勝 伊勢崎清明、初勝利ならず

2007年7月11日

 第八十九回全国高校野球選手権群馬大会は十日、あいにくの雨模様の中、県営敷島球場など3球場で8試合を行った。強豪・東農大二は、玉村に1−0で辛勝。富岡実は、藤岡中央に3点本塁打で同点にされたが、最後に競り勝った。夏の大会2年目の伊勢崎清明は悲願の初勝利を目指したが、前橋に3−5で惜敗。嬬恋は古豪・高崎に終盤3点を入れて追いすがったが、及ばなかった。

 この日で、十四日から始まる3回戦にコマを進める32校が出そろった。シード校は、太田市商が前橋商に敗れたほかは、順当に勝ち上がった。大泉は一九七二年以来三十五年ぶりの3回戦進出を果たした。 

  (石井友恵)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧