東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 群馬 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・群馬】

<熱球譜>太田工(3年)高野優選手 ミスの焦りが裏目に

2007年7月18日

写真

 「ミスを取り返そうと思っていたのに。すごく悔しい」。太田工の一塁手で4番・高野優選手(三年)はベンチ裏の一番隅でうずくまり、泣き崩れた。二回表、本塁悪送球で先制され、2点を奪われた。「普通に投げればアウトにできた。慌ててしまった」と痛恨の失策を悔やんだ。

 身長一七五センチ、体重一〇五キロ。恵まれた体格のパワーヒッターだ。昨夏は5番打者として出場したものの、チームの柱・4番にこだわり、一日百本以上の打撃練習を欠かさないようになったという努力家だ。だが、この日は高崎商の主戦・堤雅貴選手(二年)に5打数1安打。4番のプレッシャーと守備のミスによる焦りが裏目に出た格好だ。

 最も印象的だった打席は九回、連続4安打で2点を返し、なお一死一、二塁の好機で内野ゴロに凡退した。「みんながつないでいたのに、自分だけ打てなくて」とうつむいた。「社会人として野球を続け、また4番を打ちたい」。その背中は、一回り大きくなったように見えた。

  (石井友恵)

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧