東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 群馬 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・群馬】

前橋育英 4連続コールド勝ち 桐生第一は西邑楽を圧倒

2007年7月24日

桐生第一―西邑楽7回表、桐生第一1死一、三塁、渡辺選手のスクイズが敵失を誘い、三走の吉田選手が生還。5点目を挙げる=県営敷島球場で

写真

 全国高校野球選手権県大会は二十三日、前橋市の県営敷島球場で準々決勝2試合を行った。前橋育英は、初戦から全4試合連続でコールド勝ち。爆発的な打撃力を発揮して桐生市商を下した。桐生第一は西邑楽に貫録勝ちした。

 前橋育英は0−0で迎えた五回表、石田卓投手(二年)の左前打などで1点を先制。藤生太佑選手(三年)の3点本塁打で突き放した。七回にも敵失などの間に2点、八回には広神聖哉主将(三年)の二塁打などで3点を加え、試合を決めた。

 桐生第一は七回、打者11人の猛攻で6点を奪い、西邑楽を圧倒した。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧