東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 群馬 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・群馬】

きょう決勝戦 投打かみ合う桐生第一か 大砲そろえる前橋商か

2007年7月27日

前橋育英―桐生第一5回裏2死一、二塁で桐生第一の渡辺選手が左越え適時打を放ち、一走・吉田選手が生還し、2点を追加=県営敷島球場で

写真

 全国高校野球選手権県大会は二十六日、前橋市の県営敷島球場で準決勝2試合を行い、桐生第一が二年連続、前橋商は二年ぶりの決勝進出を決めた。桐生第一は小刻みに4点を挙げるなど投打の地力を見せつけて、粘る前橋育英を下した。前橋商は本塁打などで2点を挙げ、高崎商を突き放した。決勝は二十七日午後零時半から、同球場で行われる予定。桐生第一が優勝なら二年連続で9回目、前橋商なら二年ぶり4回目の夏の甲子園出場となる。

前橋育英−桐生第一

 序盤は息詰まる投手戦となったが、桐生第一が四回表二死三塁のピンチに、中堅の伊藤彰大選手(三年)が好捕をみせ、流れを引き寄せた。その裏、一死二塁で竹之内雄輝選手(二年)が二塁打を放ち先制。五回にも渡辺竜也選手(三年)の左越え適時打で一気に2点。その後も好機に着実に加点した。前橋育英は八回表、適時二塁打などで1点を返したが後続が凡退し、及ばなかった。

高崎商−前橋商

 前橋商は同点で迎えた六回裏、一死二塁で佐々木和寛投手(三年)が左越え本塁打を放ち、2点を挙げた。佐々木投手は九回を被安打5、11奪三振の完投を成し遂げ、投打に活躍した。

 先制を許した高崎商は六回表、二死二塁で小林直人選手(三年)の右中間二塁打で同点に追いついたが、あと1本が出なかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧