東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 89回大会 > 東東京 > 記事

ここから本文

【第89回全国高校野球選手権大会(2007)・東東京】

東大会都板橋 9回4点サヨナラ勝ち

2007年7月18日

 第八十九回全国高校野球選手権東京大会は十七日、雨天のため東大会の10試合が中止となり、1、2回戦11試合が4球場で行われた。西大会は5球場15試合すべて雨天中止となった。

 前日の延長十五回引き分けで再試合となった都日比谷と東京実業は、それぞれ10安打を放つ乱打戦。東京実業は1点を追う八回、失策などを足がかりに攻め立て逆転勝利した。

 東洋と対戦した都板橋は九回二死から、安打や四死球などで、3点差を逆転しサヨナラ勝ち。駒大高は横嶋直樹選手のランニングホームランなどで大量得点し、五回コールド勝ちした。

 十八日は東大会が18試合、西大会が15試合の計33試合が行われる。

 

この記事を印刷する

PR情報

記事一覧

記事一覧